芸能・ドラマ・映画

キムタクがナベケンに負けた!?週末のドラマ視聴率

世界のナベケンが、週末の視聴率で紳助キムタク妻夫木を圧倒して男の戦いを制した。→ranking

(以下引用)
 渡辺謙(49)主演ドラマ「刑事一代・平塚八兵衛の昭和事件史」(テレビ朝日系)の視聴率が20日の第1夜19.4%、21日の第2夜21.6%の高視聴率を記録した。

 20日夜は、木村拓哉主演のドラマ「MR.BRAIN」(TBS系)が18.5%、21日夜は島田紳助司会の「行列のできる法律相談所」(日テレ系)が20.1%、妻夫木聡主演のNHK大河ドラマ「天地人」が20.7%と、人気番組がめじろ押しだったが、「刑事一代」が、わずかに競り勝った形だ。

 ドラマは、同タイトルのノンフィクション(新潮文庫、佐々木嘉信著、産経新聞社編)がベース。「吉展ちゃん事件」(1963年3月31日)などで刑事魂を発揮した平塚八兵衛が茨城なまりで怒る場面などを渡辺が忠実に演じた。

 「連続ドラマ1クール分の製作費を投入した」(局関係者)という骨太演出が勝因のようだが、これは特番だから投入できた製作費。経費削減が叫ばれるテレビ局にとっては笑ってばかりもいられない?!

 数字は、ビデオリサーチ、関東地区調べ。→ranking

○ZAKZAK

【コメント】
「刑事一代・平塚八兵衛の昭和事件史」は、渡辺謙主演の二夜連続放送だっただけに、それだけ注目も高かったんじゃないですかね。それにしても「MR.BRAIN」の視聴率低迷は相変わらずといったところ・・・。TBS系はいいドラマが多いんですが、これだけは難しそうで私も見る気になれません。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草なぎ、復帰後、初の主演ドラマ決定!

SMAP草なぎ剛(34)が復帰後、初の主演ドラマ「任侠ヘルパー」(木曜後10・0)が9日、決まった。暴力団の幹部の指令によって、子分の組長らが老人介護のヘルパーになる異色のストーリー。

(以下引用)
 草なぎが入れ墨を披露する。背中から腕にかけて、桜模様の“ヤクザの印”。周囲を震え上がらせる冷酷な組長が一転、老人介護ヘルパーになる。ヒロイン役は女優、黒木メイサ(21)が務める。→ranking
ヒロインといっても実は女組長役。舞台で演じている「女信長」に続き、男勝りな“極道風衣装”を身につけ奮闘する。
 黒木が再び“男”になる!? 演じるのは、けんかっ早い性格で、亡くなった兄に代わり組長になるという役。現在公演中の舞台では「女信長」を演じており、まさに今回の役にはピッタリ。
 牧野正プロデューサーは「凛としてカッコイイ黒木さんをお見せしたい」とコメント。ドラマでは「隠された一面もある」という設定で、回を追うごとにさまざまな表情がみられそうだ。
 「任侠−」は、草なぎ、黒木ら暴力団組織の各支部の組長らがある日、松平健(55)演じる大幹部の命令により、研修としてヘルパーの仕事をすることに。みんな「幹部昇格をかけた試練」と割り切り、介護に本気になっていくという本格介護コメディーだ。
 そんな極道ヘルパーたちと対決するヤリ手介護事業組織の女社長役には女優、夏川結衣(41)が決定。その息子役にはNHK大河ドラマ「天地人」で主人公・直江兼続の子供時代を演じて一躍人気となった加藤清史郎(7)が起用された。
 草なぎは、黒木とは同じように幹部昇格を狙う同僚関係、夏川とは対立関係となるが、話が進むに連れて、3人それぞれの意識がどう変化するかにも注目だ。
 極道役に初挑戦する草なぎは「見る方が勇気や希望、力を持っていただけるような、ストレートなドラマにしたい。体当たりでやっていきます!」と力強く語っている。撮影は今週中にスタートする。→ranking

○SANSPO(一部編集)
○Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090610-00000022-sph-ent

【コメント】
ストーリーはなかなかおもしろそう。個人的に1話見てみて、明らかにコメディー傾向だったら2話以降見るかどうかは疑問といったところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キムタク「MR.BRAIN」最高視聴率に中居マジギレ!?

初回視聴率24.8%を獲得した木村拓哉主演の話題の連ドラ『MR.BRAIN』。“視聴率男”キムタクの面目躍如といったところだが、TBS側の反応は「キムタク様様」というワケでもないらしい。

(以下引用)
「TBSはこの番組に局の総力を挙げて制作費を注ぎ込んでいます。1億円以上と言われる破格のセットに加え、大地真央、水嶋ヒロ、綾瀬はるかなど連ドラ主演クラスの大物共演陣をそろえ、さらにゲストが市川海老蔵、広末涼子など超豪華。これで視聴率が取れなかったら、大変ですよ」(フリー制作プロデューサー)→ranking

かつてのようにキムタクの人気が、そのまま視聴率に反映しているというより、「キムタクで失敗したら元も子もない」と莫大な制作費をかけたTBSの必死さが、初回の高視聴率に結び付いているというのだ。

一方、その陰で泣いているのが同じSMAP中居正広。中居主演の『婚カツ!』は初回、2回はなんとか視聴率二ケタを維持したものの、3回放送では9.4%とついに10%割れ。キムタクとはハッキリ明暗が分かれてしまった。
「“鉄板”と言われた月9枠では考えられない悲惨な数字。ドラマ『砂の器』や映画『私は貝になりたい』などで役者としてキャリアを順調に積んで来た中居は、キムタクドラマに惨敗したことで完全にプライドを傷つけられた。本人は親しいスタッフに『こんなゆるいストーリーやチープなセットじゃどうしようもない。俺の名前だけで数字を取るつもりかよ!』とマジギレしていたそうです」(フジテレビ関係者)→ranking

が、今後も『MR.BRAIN』人気が安泰かといえば疑問だらけ。テレビライターの桧山珠美氏は「キムタクの賞味期限はすでに終わった」と手厳しい。「中年だるみというか、顔の皮膚が全体的に下がりはじめ、かつて見とれるほどシャープだった顔のラインが崩れてきている。水嶋ヒロと並んで映ると保湿力のない肌のカサカサぶりや顔のデカさが歴然で、しみじみキムタクの時代は終わったな、と思いましたね」
当のキムタクも自らに忍び寄る“オヤジ化”を意識してか、初回前日から番宣に出まくり、かつてないほど共演者やスタッフをフォローし続けているという。

が、そうした努力にもかかわらず、撮影現場では36歳になったキムタクの「老い」を感じさせる場面が散見されるようになった。
「セリフ覚えが悪く、かなりいらついています。役柄が脳科学者なため専門用語が多い上、慣れた恋愛ドラマと違って間が取りづらいのが原因らしいんですが、本番直前まで、くわえタバコで台本と首っぴき。本人も『オレ、セルフ覚えが悪くなっちゃったな』とボヤいていましたが、喫煙量はかなり増えたようです」(前出・プロデューサー)
ところが、こんな状態のときでもキムタクは周囲のスタッフにやたらと気を遣っているのだった。「わざわざ自分から『GMが破綻したら日本への影響はどうなるかなぁ』なんて時事ネタまで持ち出して、みんなに話かけている。妙に丸くなった印象を受けますね」(芸能記者)
日本芸能界に20年間君臨し続けたスーパースター・キムタク。が、GM同様、巨星が堕ちる日は案外、近いのかもしれない。→ranking

○週間現代

【コメント】
「中居も気の毒だ」と言ったら少し大げさかもしれないが、さすがのキムタクも、年齢には適わなかったということだろう。「MR.BRAIN」の視聴率も回を重ねるごとに、下がっているらしいし・・・。キャストで視聴率が取れる時代も、もう終わりなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラストメール飛鳥凛、人生初のコスプレに挑戦!?

 女優、飛鳥凛(18)BS朝日で08年10月期に放送された連続ドラマ「ラストメール」のDVD-BOX発売記念イベントが7日、東京・秋葉原の石丸電気ソフト2で行われた。


写真ranking

(以下引用)
本編の全10話に加え、特典映像の中で、コスプレに挑戦。警官と看護師の格好を披露した。「警官は学生服ぽくって大丈夫だったけど、ナースはピンクでピチッとしたボディコンみたいで、着たことがなかったので…。新しい自分に巡り会えたような」とまんざらでもない様子だった。ドラマで共演した原幹恵(21)もメイド服姿で登場している。イベントでは、飛鳥はドラマの主題歌「Miss You」を熱唱し、ファンを楽しませていた。

○日刊スポーツ

【コメント】
4月には映画「ひぐらしのなく頃に 誓」に出演した飛鳥だが、この勢いに乗ってこれからもグングン伸びていきそうな女優さんだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<メイド刑事>福田沙紀がメイド姿初披露!主演ドラマで着用

女優の福田沙紀が、主演ドラマ『メイド刑事』(26日スタート テレ朝系)で着用するメイド服姿を初披露した。メイドといえば、ご主人様のために親身になって尽くす姿が思い浮かぶが、福田自身も「私も好きな人には凄く尽くしますよ!」と笑顔で明かした。


全身写真ranking

(以下引用)
 同作は、作家・早見裕司氏の同名小説が原作で、福田は京都の豪邸で働くメイドでありながら、警察本部長の特命刑事という裏の顔を持つ、主人公・若槻葵を演じる。フリフリのメイド服とメガネという“萌え系”ファッションで、決め台詞はズバリ「悪の汚れ、お掃除させていただきます!」。 

 福田が撮影現場に初めてメイド服姿で登場するや、スタッフから「おぉ〜!」という大歓声が沸き起こった。当初は慣れないメイド姿に戸惑いながらも、撮影が進むにつれ、すっかり馴染んできた様子の福田。「生まれて初めて着るタイプの衣装ですし。衣装だったり、髪形だったりで自分自身の役を実感するので、そういった意味でTシャツにGパンという姿よりもこっちの方が吹っ切れましたね」とニッコリ。→ranking

 最初にメイド服姿に挑戦すると聞いたときは「自分でも福田沙紀とメイド刑事がつなげられなかったんですよ。エーという感じで。私がメイド刑事? メイド刑事ということはメイド服着るんだよなーって。なんでもっとかわいい乙女チックな人が演じないんだろうって」と戸惑いを隠せなかったというが、「自分も幅を作りたくない人間なので、いろいろな役をやらせていただく機会を与えてくださるというのは、ある意味私自身に枠がないと思ってくださっている良いことなのかなって」と、今はメイド姿を楽しんでいるようだ。

 一見、サバサバとした印象を受ける福田だけに、メイドのように奉仕するより“尽くされる側”なのかと思いきや、「いえいえ! 私も好きな人には尽くすタイプだと思います。いつか好きな人に料理とか作ってあげたいなって」と瞳を輝かせていた。

○YAHOO!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090602-00000033-oric-ent

【コメント】
全然萌え〜〜!ない件。つめが甘いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

育児優先の松嶋菜々子、4年ぶりの連ドラ主演

二児の母である松嶋菜々子(35)は、2005年1月に『救命病棟24時』第3シリーズで出演後、4年ぶりの主演が決まった。

(以下引用)
 俳優、江口洋介(41)と女優、松嶋菜々子(35)が、7月7日スタートのフジテレビ系「救命病棟24時」第4シリーズ(火曜後9時)にW主演することが5月31日、分かった。救命医療の現場を描く人気シリーズで、05年1月期以来の“復活”。07年11月に第2子を出産した松嶋にとっても、同じく前シリーズ以来4年ぶりと待望の連ドラ主演だ。→ranking

 松嶋の連ドラ出演は次女出産前の07年1月期のTBS系「花より男子2(リターンズ)」以来だが、これは特別出演だった。主演は05年1月期のフジ系「救命−」第3シリーズまでさかのぼる。出産後は育児を優先しており、住友生命やキリン「一番搾り」などのCMのほかは、昨年12月放送のTBS系ドキュメンタリー「あの戦争は何だったのか」でナレーターを務めるなど単発で、仕事をセーブしていた。

○Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090601-00000001-oric-ent

【コメント】
久々にテレビで松嶋菜々子さんが観れますね〜!ふたり目のお子さんが生まれて、2年弱ですかぁ。ちょっと早い気もするけど、救命病棟24時はいいドラマだから個人的には大歓迎です。でもあんまり無理されないように・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)