芸能・トリビア

とんねるずとダウンタウンは共演しないのか?

ダウンタウンは、二年先輩の芸人とんねるずとの不仲説が噂されたこともある。しかし確たる事実があるわけでもなく、真相は定かではない。なお、この2組の共演は1994年10月3日に放送された『FNS番組対抗!なるほど!ザ・秋の祭典スペシャル』を最後に、現在に至るまで10年以上も実現していない。→ranking

このスペシャルの収録前に浜田石橋貴明の楽屋へ挨拶へ行った際、若手芸人やファンを追い払うかのように振舞ったため浜田がそれに憤りを感じた、という説がある。しかし実際の放送で浜田とんねるずの二人に積極的に絡んでおり、石橋浜田の方を向いて笑ったりしていたため、真偽のほどは不明。 日本テレビでオンエアされていたとんねるずの番組『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』から遅れて、ダウンタウンの『生生生生ダウンタウン』がTBSで始まった頃は、マスコミがこの二組をライバルのように扱うことも多かった。しかし『生生生生』で松本が「始まりましたね、生でダラダラダウンタウン」と言えば、翌週の『生ダラ』終了間際、木梨が「来週も生生生生とんねるず見てねー」とエールを送ったり、『うたばん』で石橋ダウンタウンと仲の良い芸人に「お前はダウンタウンのところに出ろよ」とネタにするなど、当人たちはマスコミの煽りも楽しんでいた感すらある。

さらに松本は「とんねるずとは班が違う」や「Re:Japanが『うたばん』に出てもいいし、野猿が『HEY!HEY!HEY!』に出てもええのに、なんで実現せえへんねやろ?」と『放送室』でも発言している。自著『松本』にもとんねるずの番組を見た、といった発言が見られる。

とんねるずも吉本の芸人にダウンタウンの話を聞いたりしているらしい。例えば、伝説の教師のとき、中居さんに「まっちゃんどうなの?」ロンブーと吉本のギャラの話をしてるとき「ダウンタウンのギャラはSクラスだろ?」ダウンタウンと関連のある人がきたら「どーせダウンタウン派だろー」と発言している。

両者は特別仲が悪いというわけでもなく、事務所も当然違うので共演するタイミングもなく、そのままビックネームになってしまったのではなかろうか?しかし、ダウンタウンにとってとんねるずは先輩なので、共演するには一歩踏み切らなければいけないのも事実だ。ここは都市伝説ということでまとめておくことが妥当だろう。→ranking

| | コメント (0) | トラックバック (0)